ロボキャラ集積回廊

メカバレなどの故障表現好きのための、ロボットキャラクター発掘ブログ


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

他ロボ要素 について

ロボ数形状AIレベルメカバレエラー等以外の
ロボット特有の要素を併記する。
作品に含まれると言うだけで、どのロボキャラに起こるかまでは言及しない。


以下、当ブログで扱う要素名と、それが指し示す表現内容の一覧

・【暴走】
  エラーなどにより暴走する表現。
  主に周りに被害が出て食い止めなければならなくなるものに限る。

・【故障】
  原因を問わず、壊れて動かなくなる表現。

・【処理落ち】
  CPUの処理が追いつかず、動作言動が遅れてぎこちなくなる表現。

・【フリーズ】
  必要な処理が多過ぎるなどして、コンピュータが固まってしまう表現。
  ハングアップとも。
  主に、目を開いたままの表現のものを指す。

・【オーバーヒート】
  過剰な処理によるCPU熱や、外部の熱によりコンピュータに異常が生じる表現。
  熱暴走とも。
  恥ずかしがる表現にも使われることがある。

・【電源操作】
  電源のオン・オフ、再起動の表現。

・【充電・充填】
  エネルギーチャージの表現。
  動力源の他、冷却液やオイルの補充も含む。

・【メンテナンス】
  機械の調子を見るため、コードを繋ぐなどして状態を検査・修復する表現。

・【分解】
  本体を解体する表現。
  製造段階や修理の過程も含む。メカバレ必至。

・【動作音】
  関節のアクチュエータやハードディスクのモーターなど、
  駆動音が頻繁に表現されている。

・【被電撃】
  電撃によりダメージを受ける表現。
  ものともしない場合は含まない。

・【被液体】
  水などの液体によりダメージを受ける表現。
  防水の場合は含まない。

・【被磁力】
  磁石や電磁波によってダメージを受ける表現。
  防磁の場合は含まない。

・【ウィルス】
  コンピュータウィルスに侵される表現。

・【データ異常】
  記憶などのデータに何らかの手が加えられる表現。
  記憶喪失、改竄、データ消失などのもの。
  後に元の記憶を取り戻すことが多い。

・【洗脳】
  ハッキングを受けるなどして操られてしまう表現。

・【戦闘】
  ロボットが戦闘する描写がある。

・【武装】
  ロボットに武器が仕込まれている表現。

・【分析能力】
  相手や周囲の状態をサーチする能力の表現。

・【モード切替】
  特定の状況下や操作により、人格が変わる表現。

・【変形】
  ロボキャラが変形する表現。

・【廃棄】
  ロボットが粗大ゴミ、または鉄クズとして捨てられている表現。

・【最期】
  ロボットが最期を迎える表現。
  基本的に直る見込みがないもの。
  ただし、別れの演出がしっかりある場合は、後に直るものも含む。

・【生体】
  機械でなく、有機物で作られている部分がある。

・【主観】
  ロボキャラの心の台詞など、声に出さない内面を描く表現。
  目で見ている映像の表現も含む。


以上が現在想定している要素ですが、
今後増える可能性もあり。
その際はこの記事に書き加えていきます。

作品の規模によっては見逃す可能性もありますので、
お気付きになられた点がありましたら、
ご指摘いただけるとありがたいです。
スポンサーサイト

テーマ:雑記 - ジャンル:サブカル

  1. 2014/01/03(金) 02:33:46|
  2. 基本事項
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

エラー等 について

プログラムや回路が狂って正常でない挙動をすること全般。
バグや処理落ち、破損や故障の影響、熱暴走や洗脳操作などの異常だけでなく、
正常時のシステムメッセージや起動、モード切替なども含むこととする。
当ブログでは6段階で評価する。

☆☆☆☆☆ エラー描写なし。人間と描き分けていない。
★☆☆☆☆ 表現は人間的反応だが、一応エラーなどとして扱っている。
★★☆☆☆ 正常時にシステムメッセージなどの仕様がある。
★★★☆☆ 警告メッセージが発せられたり、言動挙動が変になることが少しある。
★★★★☆ エラー描写がよくある。再起動が必要になることもある。
★★★★★ エラー描写が多く、壊れて機能停止に至ることもある。
※数と激しさの割合によっては多少変化あり。


メカバレがハードウェア的要素とすれば、こちらはソフトウェア的要素。
AIバレとでも言うべきか。
メカバレより愛好家が少ない印象があるが、個人的には重要要素だったりする。

テーマ:雑記 - ジャンル:サブカル

  1. 2013/12/29(日) 22:39:46|
  2. 基本事項
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

メカバレ について

ロボットの外装が剥がれ、内部の機械が露出した状態。
擦りむく程度から、体がちぎれる損傷のほか、
当ブログでは、仕様やメンテナンスなどによってメカが見える場合も含むとする。
ただし描き方によってはグロテスクともされるので、閲覧注意となることもある。
当ブログでは6段階で評価する。

☆☆☆☆☆ メカバレがない。
★☆☆☆☆ 軽度のメカバレが少しある。
★★☆☆☆ 軽度のメカバレがよくある。
★★★☆☆ 度々メカバレがあり、広範囲のメカバレもある。
★★★★☆ 広範囲のメカバレが多く、破損描写もある。
★★★★★ メカバレが非常に多く、機能停止やバラバラなど激しいものがある。
※数と激しさの割合によっては多少変化もあり。


内部が見えるという特性から、愛好家が比較的多いと思われる。
ロボット好きにとって重要な要素ではないだろうか。

テーマ:雑記 - ジャンル:サブカル

  1. 2013/12/29(日) 22:28:15|
  2. 基本事項
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

AIレベル について

ロボキャラの思考力や振る舞いにおけるロボ具合の目安。
当ブログでは5段階で評価する。

★☆☆☆☆ 特定の命令を認識し実行する程度。無感情。現実レベル。
★★☆☆☆ 機械的思考ながら、会話が成立する。単純なことしか理解できない。
★★★☆☆ 人間に近いが、考え方や理解力の違いが顕著に現れている。
★★★★☆ 人間とほぼ変わらないレベルで、微妙な描き分けがなされている。
★★★★★ 人間と変わりない。描き分けが意識されていない。
※複数のロボキャラで性能が異なる場合併記する。


なお、工場のロボットアームのような、
単純作業を繰り返すだけで喋らないものは☆☆☆☆☆と言えるが、
それは取り上げないから省く!

テーマ:雑記 - ジャンル:サブカル

  1. 2013/12/29(日) 21:55:32|
  2. 基本事項
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

形状 について

当ブログでは、ロボキャラの見た目によって5種類に大別する。

・人間型  人間と全く同じ姿をしている。判別できないレベル。
・準人型  人間と見紛う姿をしているが、機械パーツの付属や継ぎ目で判別できる。
・亜人型  手足のある人の形だが、人間を模した皮膚を持たない。機械丸出し。
・非人型  人の形でない。車輪で移動するものや移動できないものを含む。
・巨大型  機械的外装の巨大ロボ。もちろん人工知能を備えるもの。
※なお、複数の種類が登場する場合は併記する。


「非人型」はその他みたいな扱いも多いかもしれない。
音声だけのキャラクターとか。
基地自体付属のナビゲーションとなると「巨大型」ぽいけど「非人型」かな。

テーマ:雑記 - ジャンル:サブカル

  1. 2013/12/25(水) 01:32:13|
  2. 基本事項
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ポジション について

作中でのロボキャラのポジションを差す。
登場頻度にも関わる。
当ブログでは4種類に分ける。

・メイン  主人公やヒロイン、登場頻度の高いレギュラーメンバー。
・サブ   何度か登場するサブキャラクター。あるいは数話限定で重要な役目を務める。
・敵    敵役として登場する。味方に寝返ることもある。
・脇役   モブキャラや台詞もない背景キャラ。
※なお、複数のポジションに登場する場合は併記する。


ロボキャラを細かい所まで楽しみたい人は「メイン」に注目。
完全破壊されてしまうシチュエーションや、
敵役から心情の変化で味方になるのが好きなら「敵」に注目するなどして、
活用いただけたらと思う次第です。

テーマ:雑記 - ジャンル:サブカル

  1. 2013/12/25(水) 01:16:48|
  2. 基本事項
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ロボ数 について

ロボットキャラクターがどのくらい作品に登場するかの目安。
当ブログでは5段階で評価する。

★☆☆☆☆ 脇役や数話限定で少し登場するだけ。
★★☆☆☆ メインやサブで1~3人程登場する。
★★★☆☆ メインやサブで4人以上登場する。
★★★★☆ メインサブの他、脇役やゲストで度々ロボキャラが登場する。
★★★★★ メインサブの他、ロボットが一般に浸透していて、至る所で見かける。
※ただし、メインとゲストの割合などで多少変化あり。


なお、ロボがいない作品は☆☆☆☆☆と言えるが
それは取りあげないから省く!

テーマ:雑記 - ジャンル:サブカル

  1. 2013/12/23(月) 02:54:23|
  2. 基本事項
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ロボキャラという括りについて

アンドロイドやガイノイドなど、
ロボットには種類によって色々な呼び方があります。
作品によってはオリジナルの呼称も使われます。

当ブログでは、個々の作品について書く時は作中の表現を使いますが、
色んな作品をまとめて扱う時は、
「ロボキャラ」と呼ぼうと思います。


なお、当ブログでロボキャラと呼ぶのは、以下の条件に当てはまるものです。

・主に機械でできている。
・自律行動する。あるいは会話ができる。
・生物の脳を有さない。


よって、人が操縦するもの、例えばガンダム等は含みません。
(完全にロボットのキャラクター商品として確立していますけども)
また、サイボーグ(人間を改造したもの)も含みません。

ただ、サイボーグは当ブログで扱う可能性もあります。
破損描写が激しいとか、強制モード変更で意識を飛ばされるものとか。



詰る所、なんでこんな分類をするかというと、
私が極度の人工知能(AI)好きだからなんだけどね。
思考面で人間と差別化されているものが好きなんですよ、はい。

テーマ:雑記 - ジャンル:サブカル

  1. 2013/12/20(金) 04:48:51|
  2. 基本事項
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

はじめに

古今の漫画やアニメ、ゲームなどには、
稀にロボットのキャラクターが登場する。

それらは様々な容姿をしている。
激しく戦闘するものもいれば、健気に働くものもいる。
人間に近いものや機械的なもの。
実に様々である。
シリアスな作品なら、破壊描写を伴ったりもする。

そんなロボキャラを好むニッチな趣向の者が
この世には一定数存在する!



てなわけで、このブログでは
様々なロボキャラや、その登場する作品を発掘していきます。
そして、ロボ要素を分析した表を付けて紹介していこうかと思っております。
ロボキャラの属性や要素によって、
作品を見るか決める人にも参考になるように。


ちなみに、ここでは人間が操縦する巨大ロボットは扱いません。
自律行動するロボットをば対象にしていく所存。

要素等にもし間違いや見落としがありましたら、
コメントやメールフォームで知らせていただけるとありがたいです。


それでは、良きロボキャラライフを!

テーマ:雑記 - ジャンル:サブカル

  1. 2013/12/16(月) 05:03:46|
  2. 基本事項
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

裏まかかび

Author:裏まかかび
漫画描いたり作曲をする
あの「まかかび」の裏面。

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (1)
基本事項 (9)
漫画 (13)
アニメ (6)
ゲーム (2)
ネットで買うには (0)
その他 (3)

タグ別

Web検索

ネットショップリンク

電子書籍を探す
中古を探す
フルイチオンライン
動画を探す
バンダイチャンネル

リンク

管理人まかかび関係

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

表示

・Amazon.co.jpアソシエイトを
 使用しています。
 商品画像は主にAmazonリンクです。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

ご連絡はこちら

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。